髪の毛を染める事について…

〜髪の毛を自宅で染める事と美容院で染める事の違い〜

髪の毛を染める事について…

自宅で出来るヘアカラーは、薬剤の強さが一種類しかなく、強いものが多いそうです。染めなくてもいい個所もトーンアップする為、髪を傷めてしまいます。また、自分の髪の毛の状態をきちんと知らずに色などを選ぶので、色が上手く入らなかったり、放置時間を間違えて髪の毛をボロボロにしてしまったり・・・と自分では回避しにくい問題が多く存在してしまうそうなのです。

 

それに比べて美容室でカラーする場合は、強い薬剤から弱い薬剤まで種類が多く、根元と毛先と中間部分で使い分けるなどの工夫がされている為、髪の傷みを少なくすることができます。私も思い返してみると、美容室で染める際うろ覚えではありますが、美容師さんどうしの話で髪の毛を触りながら「この部分は、○番を何分で、こっちは○番を何分〜」など、耳にした記憶があります。これは、私の髪の毛の部分の具合によって薬剤を配合していたのだろうなぁ・・と改めて思います(笑)

 

また美容室で染めるメリットとして挙げられるのは、色の種類が多く無数の色を作ることができます。また、元の髪の色や髪の毛の状態によって、同じ色のカラー剤を使っても洗い流すタイミングで色が違くなってしまいます。カットだけでなく、カラーリングの際もスタイリストさんなどと詳しく話し合い、自分が希望している髪色や自分の素の髪色、ダメージの状態についてじっくり相談して決める事が一番良いメリットだと思います。

 

調べてみると「なるほど!」と思う事がたくさんあります(笑)美容室でカラーを経験された事がある人は心当たりがあると思います。今まであまりカラーする際に深く考えてはいなかったのですが、そういえば逐一美容師さんが髪の毛を見に来て「あと何分かな」とタイマーなどをセットしなおしていた様に思います。

 

カットだけではなく、カラーもやはり知識もあり、日々練習をしており、国家資格を持っている美容師さんにお任せするのが良さそうですね!


ホーム RSS購読 サイトマップ